歯科で口内改善しよう~魅力的な治療をお口内ます~

費用はいくら

治療にかかる費用とその理由

インプラント治療にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。 基本的には保険外で全額負担になり、虫歯や歯周病などで抜歯になった場合がそれに当たります。 しかし近年になって一部例外が認められるようになりました。 例えば腫瘍等の病気で顎の骨を失った場合や事故の外傷、先天的に歯や顎の骨が欠損している場合は保険内での3割負担で治療できるようになりました。 治療費の相場ですが、治療院によってバラバラですがおおよそ1本あたり20万〜60万と考えて良いでしょう。なぜ高いのかと言いますとインプラントを埋め込むには手術が必要だからです。また自己負担のためインプラントや義歯の材料費が高額になります。 インプランと言われる歯根の代わりとなるボルトだけで15万〜30万、土台が3万〜4万、義歯となる被せものに6万〜12万かかります。

治療に使われる器具の種類と特徴

インプラントは様々なメーカーから発売されています。 ます多くで使われており日本最大のメーカーとして京セラを見てみましょう。これは日本人の顎にあわせて開発されたものでボトルと土台部分が一体型になっておりチタン合金が使われており9万円ほどになります。 次にアジア最大のオステム社があり、世界でも認められた業界5位のトップブランドです。これもアジア人や日本人に適したもので品質も高く13万円ほどになります。 そしてアメリカで老舗になるトップブランドにバイオホライゾン社があります。特徴はインプラントにレーザーロックといった処理が施されており、歯茎との結合力が高くなり細菌の侵入を防ぎます。価格は18万円ほどになります。 最後に世界シェアNO1のストローマン社があります。ここは次世代のインプラントを開発し、従来のものより16倍も骨再生を促進し最短一ヶ月で完了するという臨床結果がでています。21万円と高価ですが骨再生が高く時間もかからないということで不具合も少なく安全な治療が期待できます。 インプラントは価格に大きな開きがありますが高価な材料であればあるほど品質が高いと言えます。